マイマイガ

家屋の壁や、蔵、倉庫に産み付けられてしまったマイマイガの卵。
駆除や除去でお困りでしたらスケットサービスにご相談ください!

マイマイガの卵塊って?

家の軒下、蔵、倉庫などについているフェルトのようにふわふわした楕円形の茶色い塊。それがマイマイガの卵です。

マイマイガ
▲ 卵塊の裏面の写真

壁からはがして裏面を見てみると小さな卵がビッシリはいっています。その数およそ数百個!1つの卵塊を放置するだけで、翌年の春に何百匹という毛虫が中から出てきます。

マイマイガ
▲ 孵化したてのマイマイガ

マイマイガの1年

秋頃に卵塊が産み付けられて、春の桜が咲くころに孵化が始まります。

【春】
最初は数ミリの黒い毛虫が1つの卵塊から数百匹と出てきます。
生まれた毛虫は風に乗ってご自宅のお庭、隣のおうちの庭の樹木、近くの畑などに飛んでいきます。
また生まれたての毛虫には毒があると言われていますので素手で触らないように注意が必要です。

【初夏】
風に乗って飛んで行った毛虫たちは植物の葉を食べ少しずつ大きくなり夏前には数センチにもなる毛虫になります。見た目は昔絵本やアニメにもあった「ニャッキ」のような顔をしています。(色は若干違います)

マイマイガ
▲ 成長した毛虫の写真

この頃の毛虫は食欲旺盛で、庭木などの葉をほとんど食べてしまいます。
ご自宅にお庭がある場合には、孵化する前に卵塊を除去しないと、毛虫の量によっては庭が壊滅的な状態になってしまう場合もあります。

【夏】
7月頃から毛虫がサナギになり、成虫(ガ)へと成長します。
成虫になってから1週間ほどで産卵を行います。

好んで産卵される場所は、以下の場所になります。


・夜間もずっとライトが点灯している場所
・上記の場所付近の黒い建物

対策として電灯の消灯や、LEDライトへの変更などが対策として挙げられます。

【秋~冬】
夏に産み付けられた卵は、卵塊の状態で冬を超え春を待ちます。翌年に毛虫の被害にあわないようにするためには、この時期の卵塊の除去が有効な対策となります。

マイマイガの大流行

マイマイガはおおむね10年周期で大発生するといわれています。
1度発生すると3年ほどは流行が続きます。

注意伊那市では2020年頃に流行が確認されました。

除去のオススメ時期

イマイガの対策として一番オススメの季節は卵塊となっている「秋~冬」となります。
この時期に卵塊をとってしまうことにより、翌年の発生数と被害を大幅に減らすことができます。
春に孵化してしまうと植物への被害が出てしまいますのでそれ前の除去をオススメしております。
またもし孵化してしまった場合は殺虫剤の散布を行って対処を行います。

作業費

当店ではマイマイガの卵塊除去の作業を行っております。

2階建ての建物 1面あたり 
8,800円~
(卵塊の数や、家の形により変動いたします)

孵化が始まってしまった場合

すでに孵化が始まっており、
殺虫剤の散布が必要な場合には別途費用が発生します。

過去の作業例

Aさん宅
2階建ての建物2面
(卵塊30個ほど) 17,600円

Bさん宅
2階建ての建物4面(卵塊200個ほど) 55,000円

Cさん宅
2階建ての建物4面(卵塊30個ほど) 35,200円

Dさん宅
平屋 1面(卵塊10個ほど) 8,800円

Eさん宅
2階建て建物4面(卵塊1000個ほど) 78,000円

スケットサービスでは卵塊除去の作業を行っておりますので、マイマイガの卵塊でお困りでしたら気軽にご相談ください。

その他、孵化後の殺虫剤散布も行っておりますのでご相談ください!
また孵化後に残ってしまっている卵塊の除去も行っております。

ご相談、ご依頼はこちらから!
問い合わせ

スケットサービス(伊那市の便利屋)